医療統計学

メンバー

二村 明憲

自己紹介

  2016年にMPHを修了してから、久しぶりに医療統計学分野に戻ってきました。 MPHを終了後は、製薬企業の統計担当として従事し、本年度からは博士後期課程の1年目として、企業での業務を行いつつ、研究室生活を送る予定です。

京都での暮らし

  勤務している企業が東京にありますので、これまでは関東に住んでいたのですが、博士後期課程への入学を機に、京都へ引っ越して来ました。 2月中頃の引っ越しだったため、東京と京都の寒暖差を肌で感じ、底冷え対策を会社の同僚の皆様と話していたのが記憶に新しいです (私の中では、エクササイズ系のゲームを自宅で行うのが、最も体があったまる、という結論でした)。
 桜が至る所で満開となることで春を感じ、溺れるような湿度から夏を感じることになるのかな、と今はまだ季節の変化を楽しみに過ごしています。
↑ページの先頭へ